旅の提案

旅の提案

「飛騨まんが王国」の宿泊施設は、飛騨の奥座敷、富山県に一番近い集落にあります。
鉄道は単線、無人駅「杉原」を降りて徒歩で約10分。そんな田舎の宿ですが、わざわざここを訪ねてくださる方も多く、皆様の楽しみ方を参考に「旅の提案」をまとめてみました。

道路と並行して流れる清流「宮川」は渓流釣り愛好家の方に大変人気です。地名に「鮎飛」と名がつくほど、ここは古い時代から鮎がたくさん生息していたようです。
そんな鮎や岩魚などを追って、シーズンには全国から釣り愛好家の方々で賑わいます。
渓流釣りは3月初旬~9月上旬、鮎友釣りは6月下旬~9月下旬。詳細は宮川下流漁業協同組合(電話0577-63-2139)までお問合せください。

「この辺りは、日本の原風景を観ているようだ」とおっしゃった方がいらっしゃいます。
私たちにとっては住み慣れた昔からの風景ですが、昔からの習慣が引き継がれていることもあり、その姿もまた引き継いでいるようです。
田んぼの畦、田植えや稲刈の風景といった生活に密着した風景もあれば、「池ケ原湿原(ニコイ高原)」のように、人の手があまり入っていない自然の姿も残しています。

日本の原風景、豊富な自然をカメラに納めようと写真愛好家の方々も多く訪れます。
古くから続いた生活習慣が作り出す原風景、特に稲田に点在する「板倉」は地域独特の風景を作り出しています。
山々に囲まれた自然に囲まれたこの地域には、「池ケ原湿原(ニコイ高原)」や「清流宮川」など、その自然の豊かさを見ることができます。
太陽の暖かさ、風、ビルディングに囲まれた都市部では絶対に味わえない心地よさを味わうことができます

当館がある場所にはかつてスキー場がありました。そんなに規模の大きなものではないのですが、その斜面を登るのが散歩以上登山未満のちょうどよい運動コースとなっています。春から初夏にかけては数々の若芽が、秋は紅葉が、冬は雪上で、と四季を通じた楽しみ方がございます。
また、当館の天然温泉、歩行浴用の流水プールを活用していただき、心身のリフレッシュとともに健康づくりにお役立てください。